エフェクターボードのパワーサプライならVA-08 MK-Ⅱをチェックしてみませんか?!

エフェクターボードのパワーサプライならVA-08 MK-Ⅱをチェックしてみませんか?!

今回は、vital audiopower carrier VA-08 Mk-Ⅱを購入したのでレビューしてみたいと思います。

このpower carrier VA-08 Mk-Ⅱはフルアイソレート仕様のパワーサプライ9Vポートが6ポート9/12/18Vの可変ポートが2ポート搭載されているのですが、これがめちゃくちゃ便利!

私のようにパワーサプライが「9Vオンリーで12Vのエフェクターを別電源で動かすのが嫌だ!!」「エフェクターケースが大きくないから省スペースで軽いパワーサプライを探している」と言った方にはオススメのパワーサプライです。

それでは、もっと詳しく知りたい方に私がVA-08 Mk-Ⅱに乗り換えた理由や
見た目のかっこよさなどを詳細にご説明していきたいと思います。

パワーサプライってなに?という方は、こちらの記事も読んでみてください!

 

エフェクターの電池管理がめんどくさくなったらパワーサプライを導入すべし!

power carrier va-08 mkiiは便利なパワーサプライ!

まずはpower carrier VA-08 Mk-Ⅱの説明から。

2016年7月から新たにエフェクトペダル用パワーサプライのシリーズとして投入されたPOWER CARRIERシリーズの第2弾モデルとして登場したVA-08は、3系統(グループ)の電源出力をそれぞれアイソレートした仕様で、9V/300mA 出力の系統(6アウト)に加え、9V/12V/18V可変の500mA出力を2系統(2アウト)装備したたいへん使いやすいモデルでした。
お客様からの要望を取り入れ、今回は9V 出力の系統もそれぞれアイソレートさせた、フルアイソレート仕様にリニューアルされています。
さらに9V出力の容量は最大で500mAに、9V/12V/18V可変出力は最大で800mAにそれぞれパワーアップ(総電流容量:2000mA)。
パワーアップに伴って1つのポートを分岐して使用できる、分配用Yケーブル同梱しました。
余裕の電源容量と可変電圧仕様の2ポートにより、高電圧駆動タイプのペダルも余裕をもってお使いいただけます。
なおこのモデルも、内部回路の設計はドイツの専門メーカーで行われています。
ということで、メーカーHPのは上記のように説明されているのですが、

何より私が惹かれたのは、可変出力が可能なポートが2ポートついているところ!

VA-08 Mk-Ⅱを買う前はGUYATONEのAC-106というパワーサプライを使っていたのですが、AC-106は9Vが6ポートでPOWER LINKという機能を使えば18V出力もできるというものでした。
ただ、9Vと18Vは出力できても12Vは出力できないので、せっかくメンバーから誕生日プレゼントにもらったmarkbassのSuper SynthはAC-106に接続できず別電源に・・・。
2つの電源を使えば動くので全然問題ないのですが、せっかくボードに組み込んでいるので電源はまとめたい!と思うようになりVA-08 Mk-Ⅱを購入することとなりました。

早速VA-08 Mk-Ⅱを開封してみた!

今回、amazonで購入したのですが何と箱にはサンタクロースが!!
これは特別仕様か!と思ったらただのコカ・コーラの広告でした。

外箱はこんな感じで触り心地がよかったですw
開けてみると、VA-08 Mk-Ⅱが入った内箱がドンと表れてiphoneを開封している感覚でした!
付属品はACアダプターDCケーブル x 8電圧昇圧用Yケーブル (プラグタイプ:ストレート/ストレート×2) x 1、電流分配用Yケーブル (プラグタイプ:ストレート/L型×2) x 1となっております。
まぁ、必要最低限といったところですかね。
実際にエフェクターボードに組み込んでみましたが、赤と黒のカラーリングがめっちゃかっこいい!
アルミ削り出しのボディが高級感があってすごくいいです!
LEDは通常時が緑色異常時が赤パワーライトはオレンジとなっております。
結構、明るく光るので暗いステージでも状況がすぐわかります。
気になる点がエフェクターと接続していないポートも光るところ。
繋いでいないときは点灯しないほうが使ってないってわかるので便利じゃないかなと少し思いました。

VA-08 Mk-Ⅱはノイズが出る?

いろんなサイトのレビューを見ていると、ノイズが消えたという方とめちゃくちゃノイズが増えたという方がいらっしゃいますが、AC-106の時からすでにノイズがなかったのでなくなったとは言えませんが私の環境では今のところノイズは出ていません。

個体差あるいは不良品の可能性があるかもしれないですね。
また、音が太くなったというレビューも見たのですが
私はこれは感じられなかったです^^;

VA-08 Mk-ⅡとVA-01の違いは?

VA-01は総電流容量は1000mA可変ポートがなく12Vと18Vのポートを
1個づつ搭載したパワーサプライでVA-08 Mk-Ⅱより性能が落ちる代わりに価格が抑えられたモデルとなります。
どちらがいいかは予算や環境などで変わってくるかなと思いますが、エフェクターボードをよく組み替えたり12Vや18Vのエフェクターをちょこちょこ使う方はVA-08 Mk-Ⅱの方がオススメだと思います。

あと、赤いエフェクターにこだわりがある方にもいいですねw

VA-08 Mk-Ⅱの評価は?

今回、AC-106からの乗り換えだったのですが

私個人のVA-08 Mk-Ⅱへの評価はかなり高いです。
機能や見た目の良さ、可変のポートの便利さはこの価格帯では
ピカイチではないかと思います!ただ、ACアダプタが短いので電源の取り回しを考えないといけないのと
エフェクターを繋いでいないポートのLEDも光っているのがちょっと気になるな
とは思いましたが、使い勝手がいいのでOKとしますw
パワーサプライとコンプ、ジャンクションボックスが赤系の色になったので
MXRのm80も赤いのが欲しくなった今日この頃でした。
それでは、また。

POWER CARRIER VA-08 MKII
POWER CARRIER VA-08 MKII